医療コラム

内服薬は飛散時期の2週間ほど前から開始を

現在、日本人の25%が花粉症と言われています。花粉症とは、スギやヒノキの花粉によって生じるアレルギー性鼻炎のことです。
花粉症 例年、関東では2月ごろからスギ花粉が飛散し始めると言われています。対策としては、①花粉の飛散しやすい時間(13:00~15:00くらい)の外出を控える、 ②防備をしっかりする、③帰宅時はうがい、手洗いをする、④布団は外に干さない、⑤ドア・窓をしっかり閉めるなどがあります。 治療としては内服薬が一般的ですが、飛散時期の2週間ほど前から内服を開始していただくと効果的と言われています。

最近では、よりアレルギー性鼻炎に効果的な治療も増えています。また、アレルゲンになりやすい花粉については、血液検査で調べることができます。
<リビングさいたま2/25号掲載>
バックナンバー